オフィス若松Top>地域活動

地域活動

フランス人は社会人の責任として、子どもに次の3つを教えるそうです。@仕事への責任、A家族への責任、そしてB地域への責任。
  日本の男性たちは、仕事への責任がほとんどを占めていた“働きバチ”の時代から、仕事と家庭は同等に大切、という考え方が主流になってきました。それでも、自分の住む地域社会への取組み意識については、かなり遅れているといえます。

  我孫子市には多くの市民活動団体がありますが、男性の参加はほとんどが定年後であり、現役世代で参加している主力は女性たちです。しかしその女性たちさえも共働き世帯が多くなるに伴い、参加する人が減少する傾向にあります。これは労働時間の長いことが原因でしょう。
  いま国も「働き方改革」を政策のひとつに掲げて、残業を減らす働き方を進めています。労働時間を減らして生産性を高め、土曜の休みは地域活動にも参加する気持ちになれるような社会にしてもらいたいと思います。

私はようやく土曜日も当たり前に休めるようになった40歳代後半から、地域の活動に参加できるようになりました。現役ビジネスマンとして、平日に働いていても貢献しやすい活動として、ホームページ制作をボランティアで行っています。

あびっ子ネット (あびこ子どもネットワーク)
あびこ子どもネットワークは、我孫子市内の児童文化団体などで構成されている市民団体です。我孫子市からの委託を受けて、子ども向けイベント情報紙「あびっ子ネット」を年4〜5回制作し、市内の小中学校を中心に配布しています。
  この団体の運営委員を務めるとともに、ホームページを2000年12月に開設して、現在も担当しています。

■あびっ子ネットのHP

・毎年秋に開催されている「あびこ子どもまつり」

我孫子の景観を育てる会
我孫子の景観を育てる会は、景観づくり市民講座を受講したメンバーが、我孫子の景観を誇れるようにしようという趣旨で、2001年6月に発足しました。
  この会の特徴は、古い景観をひたすら守り続けるといった視点にこだわらず、新たな都市景観も含めて育てようという、幅広い感覚をテーマにしていることです。
  この団体のホームページを2003年10月に開設して、現在も担当しています。
■我孫子の景観を育てる会のHP

・手賀沼大橋とコブハクチョウの群れ

我孫子市民会館再建連絡会
我孫子市の市民会館は、ボウリング場であった建物を改築して利用してきましたが、耐震不足で2007年に閉鎖されました。以来、我孫子市は「市民会館のない町」になっています。
  市内の文化連盟や合唱連盟、オーケストラなどの団体が「市民会館再建連絡会」を結成し、新しい文化ホールの建設運動を行っています。
  市議会も全会一致でホール再建を決議し、市は文化施設整備基金を設立して積み立てを行っていますが、先立つものはやはりお金です。
  この連絡会のホームページを2006年6月から続けています。
■我孫子市民会館再建連絡会のHP

・耐震不足で2007年に閉鎖された我孫子市民会館

市民活動フェア
我孫子市は人口13万人ながら、市民活動団体が300もあり、文化活動への参加意識が高い町です。そうした市民活動団体が集まっての「市民活動フェア」が、行政との協働で2003年からほぼ毎年開催されてきました。
  主催形態は、実行委員会形式から、市が委託するNPO法人やイベント制作会社へ移行するなど変化しています。
  このホームページは2006年から2013年まで実行委員会として制作し、2015年以降は主催形態が変わりましたが、開催記録を一貫して残しておく趣旨から、現在も更新を継続しています。
■我孫子市民活動フェアのHP

・2017年は「市民のチカラまつり」として開催された

若松地区防災防犯委員会
若松とは「オフィス若松」の名前のとおり、私が住んでいる町です。自治会役員は1年交代のため、防犯や防災の課題には継続して取り組む組織が必要ということで、防災防犯委員会が2016年度に立ち上がりました。
  第一・第二自治会の役員も参加し、市や警察とも連携して約900世帯の住民の安全対策を進めています。
  私は2017年度から委員に参加して、ホームページも開設しました。

■若松地区防災防犯委員会のHP

・若松第一・第二自治会合同の防災訓練(2017.10.28)

岐阜高等学校在京(首都圏)同窓会
岐阜高校は私の卒業校で、東京の大学へ進学する生徒が多いことから、在京(首都圏)同窓会が旧制中学時代の昭和12年(1937年)に始まりました。
  毎年の総会・懇親会が都内のホテルで開催され、200人以上が参加しています。
  ホームページは2001年5月に開設し、制作を継続して担当しています。

■岐阜高校在京(首都圏)同窓会のHP

・東京ドームホテルで開催された2017年度総会・懇親会 (2017.6.25)


■Top Page
Copyright (c) Office Wakamatsu