オフィス若松Top>音楽活動

音楽活動

音楽活動は趣味の領域ですが、いろいろな会合の場でピアノを弾いてみんなで歌ったり、市民ミュージカルの制作をしたり、音楽は人生を豊かにします。
  創作するときは、若松慎吾のペンネームを使っています。

市民ミュージカル
若いころに作詞したミュージカル「ロミオとジュリエット」が、今もプロ劇団や我孫子以外の町で上演されています。ご存じシェイクスピアの名作を全32曲に構成したもので、セリフは少なく、2時間のほとんどが音楽でつづられます。
  また、ラストシーンでは両家の当主が争いを悔いた後に、ロミオもジュリエットもよみがえるという、ミュージカルというものにふさわしいハッピーエンドにしています。

  我孫子市民ミュージカルで2005年に再構成したあと、愛知県豊川市の市民ミュージカルや、プロ劇団MMCにより六本木の俳優座劇場で上演されました。
2018年2月には、埼玉県狭山市の市民ミュージカルでも上演されました。

我孫子市で2003年に制作した市民ミュージカルは、原作を市民から公募し、故やなせたかし先生を招いて作品を選定した、「北へ帰るのを忘れた白鳥」という、規模の大きなミュージカルでした。
  作詞・作曲ともに市内在住の音楽家にお願いして26曲で構成しました。出演者は我孫子市民を中心に210人が舞台に上がり、フルオーケストラの生演奏。満員の観客と感動をともにしました。

  地元でのミュージカル制作は、市民会館が現在なくなっていることと、多額の費用が必要なので休眠状態ですが、機会があればまた力を注ぎたいと思います。

■我孫子市民ミュージカルのHP
■「ロミオとジュリエット」の企画サイト

・「ロミオとジュリエット」のフィナーレ (2014.12.16 俳優座劇場)


・「北へ帰るのを忘れた白鳥」
(2003.8.24 我孫子市民会館)

その他の音楽創作
単発の音楽もたまにしか作りませんが、自然保護や景観を大切にしたい歌を、いくつか作っています。また、パソコンでデジタルオケを作ったり、多重録音で歌を重ねたり、カラオケに自分のピアノを合せて歌えば、カラオケの店でお金を使う必要もなく、音楽の楽しさは広がります。

■ポプラを送る歌「ポプラ」
(我孫子の景観を育てる会のサイト)

■さようなら原発



・手賀沼畔にあったポプラの木。
我孫子市の景観賞に選ばれながら、老木で倒れる危険があり、2004年8月に伐採された。


■Top Page
Copyright (c) Office Wakamatsu